企業分析一覧

NO IMAGE

6861キーエンス(3.0)

営業利益率50%以上を誇る奇跡のメーカー。 センサーを中心とする計測機器メーカーで社員の給料が高いことでも有名です。ポイントはなんといっても営業利益率が50%以上である点でしょう。高利益率の秘密をファブレス(生産の外注)で効率を追求していて...

NO IMAGE

2417ツヴァイ(3.5)

安定したビジネスモデルのまったり企業。 結婚相談業は人と人をつなぐプラットフォーム型です。会員同士が勝手にやり取りしたがるヤフオクなどとは違い、仲介する人達の力を求めたがる性質があるため1社に収斂という力は弱めになります。それでも基本的にシ...

NO IMAGE

0546阜豊集団(4.0)

自身初めてのテンバガー(10倍)銘柄。 化学調味料のトップメーカー。購入のきっかけは食品株のスクリーニングで極めて安く放置されていたことです。「成長」と「利益」の視点で考え、中国の食品市場の成長は間違いないこと、「トップシェアに売りなし(一...

NO IMAGE

7458第一興商(3.5)

ポイントは営業利益率10%のビジネスモデルと株主優待。 カラオケ業界唯一の勝ち組企業。居抜き出店のコシダカやシダックスなどとはビジネスモデルの格が違います。第一興商は典型的なアフタービジネス型のビジネスモデルで、DAM本体ではなくその利用料...

NO IMAGE

0197 ハンタイ(4.5)

邱さんイチオシ銘柄。中国株には高成長・割安株が多いがその内の一つ。ビジネスは冷凍食品の卸から始めて今度は農場を購入し野菜の販売を始めるという段階。正直優秀なビジネスモデルだとは思えないものの、超大現代農業の利益率から分かるとおり野菜生産業の...

NO IMAGE

3087ドトール・日レスホールディングス(4)

この企業の評価点は日レスの経営思想と株価の安さ。 どちらかというと日レスよりドトールが有名で、一般株主はこちらに目が行く人が多い。ドトールはコーヒー豆の高騰と喫茶業界の競争激化により利益面でネガティブ。特にマクドナルドのコーヒー市場強化は脅...

NO IMAGE

4755楽天(3.5)

楽天の企業分析。 一番優秀なのはなんといってもビジネスモデル。 楽天市場はプラットフォーム型独占。ヤクオフなどと同様に、売り手買い手をつなぐ場を提供するだけで利益を得る上に、1社独占になりやすい業種のトップ企業。今後も営業利益率20%は固い...